メルボルンからエアーズロックへの行き方と観光するなら何泊何日がベストか?

はじめに

メルボルンからエアーズロックへは毎日約5便程度運行があります。所要時間は3時間です。主にJETSTAR航空、VIRGIN AUSTRALIA航空が運航しております。エアーズロックへのフライトは値段は高くなっていますので行くことが決定しているのであれば早めに飛行機を抑えると比較的安く購入できますのでおすすめです。

メルボルンからエアーズロックは日帰りで楽しめる?

私の経験をお伝えするとまず日帰りでは楽しめません。理由として、エアーズロックのある国立公園はエリアが広く、フライトに限りがある為うまく調整できません。またエアーズロックは朝日、もしくは夕日に照らされた景色を見ることで数分ごとに岩の表面の色が変化していくのを楽しむツアーとなっております。最低でも1泊2日、ベストは2泊3日となります。

エアーズロックを観光するには何日ぐらい必要?

上記のお伝えした通り、最低でも1泊2日、ベストは2泊3日です。私の経験では2泊3日の場合であればアリススプリングスという街に滞在することをおすすめします。エアーズロックまでは遠い(約6時間)ですが大きな街ですので滞在や町歩きなど十分楽しめるかと思います。先住民アボリジニも数多く生活しているエリアですので文化など街を歩いているだけで非日常を感じることができます。1泊2日しか日程的に時間が取れない方は必ずエアーズロック国立公園内に宿泊しましょう。国立公園内は砂漠でホテルも数件しかありませんので費用はすごく高くなりますがエアーズロックを見ながらの環境は最高です。

エアーズロックまではどうやっていく?

エアーズロックがある国立公園は砂漠ですので広大です。その為ツアー参加が一般的です。日の出前にエアーズロックに向かうもの、夕日を見るものと2種類があります。ほとんどのツアーはエアーズロック、カタジュタがセットになっています。この二つはエアーズロックに行ったら外せない場所ですので必ず申し込む前に含まれているか確認しましょう。

エアーズロックに行ったら絶対に行くべき場所はどこ?

上記で伝えした通り、必ず行くべき場所はエアーズロック(ウルル)、カタジュタです。レッドセンターと呼ばれるこのエリアは宮崎作品で有名な風の谷のナウシカのモデルとなったという噂があります。行ってみるとすごく似ています。

ウルルツアーについて

エアーズロックのツアーは英語ツアーとなります。ホテルで時間にお迎えが来ますので言葉が心配な方もご利用いただけると思います。エアーズロックなどの詳細については英語が苦手な方は理解するのは難しいかも知れません。そういう方は必ず何時に出発するかドライバーに確認しましょう。

エアーズロックのおすすめのホテルは?

エアーズロック内は砂漠地帯ですので数件のホテルしかありません。選ぶのは簡単ですね。

私のおすすめは下記になります。

エアーズロックリゾート(Ayers Rock Resort)

※こちらは日本の方もよくご利用されるホテルです。

LONGITUDE 131°

※こちらは高級ホテルでテントのような作りで個別にビラのようになっています。富裕層向けの滞在先となります。

エアーズロック登山について

2019年10月26日をもってエアーズロックへの登山が禁止となります。もともと数十年前より登山する方が入場者数の20%を切れば禁止にするとオーストラリア政府は掲げておりました。近年その数字を割ったため禁止と決定されました。もともとエアーズロックは先住民のアボリジニの聖地の為エアーズロック公式のホームページでは強く登山は辞めるようにと促されています。理由としては二つありますがまず一つ目は前に記載しました通りエアーズロック国立公園周辺は先住民のアボリジニの聖地の為神聖な場所として彼らには崇められている場所です。日本人で例えるなら伊勢神宮の日本人も入ることが出来ない場所に観光客が毎日土足で上がってくるようなものです。これを嫌と思うかは人それぞれだと思いますが個人的な意見では辞めることをおすすめします。二つ目の理由は危険だからです。エアーズロックの岩肌表面はツルツルしていて滑りやすくなっています。毎年滑落事故が起きて死亡事故が起きています。最小限の登る手すりしか設けていない為、事故が多発しています。登山をされる方は事故が起きても責任は自分にあると必ず署名が必要となりますので予め知っておきましょう。このような理由から2019年をもって登山が禁止となりました。遠くから見ていた方が綺麗なエアーズロックですので現地のアボリジニを尊重して登山は極力やめましょう。

まとめ

メルボルンからエアーズロックまでは毎日フライトが5便程度(2018年現在)

エアーズロックへは日帰りは難しくおすすめは2泊3日

2泊3日の場合はアリススプリングスに滞在がおすすめ

1泊の方は必ずエアーズロックのある国立公園内に滞在する。

国立公園を回るにはツアー参加が一般的。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。