チャーター便でメルボルンのワイナリー巡りをする際のメリット・デメリットと注意点とは?

はじめに

皆様ご存知でしょうか?メルボルンではチャーターを利用しプライベートを守りながらワイナリー巡りができます。ご友人、ご家族とだけで旅行がしたい時などにすごく便利なサービス。ツアーだとなかなかプライベートがなく、話せる内容に限りが出てきてしまったりしますよね。特に周りに合わせる文化の日本の方には、‘’質問したいけど、的外れの質問してらどうしよう。。。‘’  ‘’ 自分だけ質問していないかな‘’ など一緒に参加している人を気にし過ぎてしまうものです。そんな心配をする方にはチャーターがおすすめです。ご家族やご友人4人ぐらいであればツアー参加と料金もほとんど大差がないのですごくおすすめ。そこで今回はチャーター便を利用してワイナリー巡りという題材でメリット、デメリット、注意点などをご紹介したいと思います。

まずはツアー参加型とチャーター便の利用で比べていきましょう。

  ツアー参加型 チャーター便
料金 人数により▲
プライベート度 ×
旅行をカスタマイズ度 ×
安全度
思い出度

 

チャーター便は高いイメージだけど実はそんなことない!?

表を見ての通り、料金面以外ではチャーター便利用がすごくお得になることがわかります。ただし条件が揃えば料金はほとんど変わらなくなります。例えば人数が4人以上もしくはご家族でご旅行の場合、合計金額ではほとんど変わらなくなります。

やはり何と言ってもプライベートを守りたい!

ツアーに参加するとやはり感じるのがプライベート感がチャーターに比べると劣ってしまうことですね。本当に仲が良い友人というのは確率的にはすごく低いものです。旅行で初めて会ってツアーの1日で仲良くなるというのは至難の技だと思います。辺り触りのない会話をしてツアー工程が終わってしまうというのがほとんど。チャーター便ならいつも通りの友人、家族との会話で自然体で入れるのが魅力。
ツアー工程を自由自在に決められるというメリット!

チャーター便の魅力は何と言ってもツアー工程を決められること。メルボルンが初めてという方はツアー参加がおすすめですが、二回目、またはそれ以上の人には同じツアー訪問地には普通は行きたくないですよね。例えばワイナリー巡りツアーでは毎回行く場所に変化は基本的にはありませんので違う場所に行ってみたいなという時は難しくなってしまいます。チャーター便であればお客様が事前にお調べ頂いたワイナリーに行くことが可能です。事前に工程に関してお客様とお話をしていきながらお客様にとってベストな工程を作成することができます。現地情報なども含め作り上げていきますので自分だけの旅行になるかと思います。

添乗員に付き添って旅行(パッケージ旅行)は思い出に残りづらい?!

欧米の有名な論文で添乗員に付き添って旅行(パッケージ旅行)をした場合と自分自身で旅行を計画して旅行をした場合とでは思い出の差に大きく開きが出ると言われています。前者はいわゆる昔型で添乗員が旗を振ってついて行くタイプで、後者は自分でツアー内容を各自で決めて行くタイプです。現在ではフルパッケージ型(航空券、ホテル、ツアー含む)は少なくなってきましたがインターネットが普及した現在では自分である程度は調べてくる方がほとんどかと思います。年代によっても変わってきますが一般的に航空券、ホテルだけを取って、別でツアーに申し込むという形ではないでしょうか。チャーター便はあまりインターネットにも出ていない分野なので裏技といった所でしょう。是非自由度の高いプライベート旅行を楽しんでみては!?

まとめ

今回はチャーター便で行くワイン巡りをご紹介しました。通常のツアーでは行くことができないワイナリーやご自身でお調べした場所に行ってみたい‘’などカスタマイズができるのがチャーターサービスです。ドライバーも現地の日本人となりますので質問も簡単にできるのも魅力の一つ。是非皆様のオンリーワンのツアーを楽しんでみてください。調べることが面倒な人はツアー参加にいきましょう。チャーター便などツアーについてのご相談、ご予約、気軽にご相談ください。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。