格安でおいしいワインを飲むならPunt Roadがおすすめ

はじめに

今回はコスパに優れたワイナリーPunt Road(パントロード)を徹底的に掘り下げて解りやすくご紹介したいと思います。テーブルワインとしてもご利用頂けるワインのラインナップが多く生産されているPunt Road。高級ワインも数は少ないですが生産されています。観光に来たらやはりヤラバレーのワインは外せません。コスパが高いのでお土産にも自分用にも良いPunt Road。是非、自分の舌で体験してみてください。

Punt Road Wineryはどんなワイナリー?


特徴としては ‘’新しいワイナリー‘’ ‘’コスパが高い‘’ ‘’バランスの取れたワイン‘’というワイナリーです。歴史はもっと前ですが大まかにお伝えすると1900年代後半に出来たワイナリーで初めてのワイン出荷は2000年代になってからと新しいワイナリー。

日本の方に人気のPINOT GRIS(ピノグリ)2018年


フルーティーのピノグリはお土産にも最高のコスパワインです。特に夏場には飲みやすく照りつける太陽の下で飲んだら格別なワインという感じです。2018年 Punt Roadのピノグリは出来も良いので風味をしっかり感じることができます。

やはり定番のCHARDONNAY(シャルドネ) 2018年

Punt Roadの人気品種シャルドネ。毎年、力強さがあり This is Chardonnay.といった感じでパワフルです。どんな料理にも合わせやすく使い勝手の良いワイン。値段も良く手頃に飲むことができるテーブルワインです。ワインがわからない方やどれがお土産に良いかなという方はシャルドネを選びましょう。2018年の出来きも素晴らしくバランスが良い年にとなっています。

お土産に最適PINOT NOIR (ピノ・ノワール)2017年

ヤラバレーで人気品種ピノ・ノワール。オーストラリアでも中々作れる場所が限られてしまう品種でPunt Roadのピノは上品な味わいです。オーク樽の風味もしっかり感じることができそれでいて長すぎないのでピノの本来のポテンシャルが引き出されています。日本で購入すると高いピノノワール、ツアーでパウントロードに行かれた時は迷わずこれです。

オーストラリアの定番SHIRAZ 2017年

ヤラバレーはそこまで有名ではない品種シラーズ。他のエリアと比べ上品なシラーズができますのでシラーズが苦手な方も飲みやすいワインです。お肉料理に合わせやすく照り焼きなどにもバッチリ合わすことができます。

厳選された葡萄の畑で取れたBLOCK 11 CABERNET SAUVIGNON 2017年 

Punt Road内でも優れたワイン畑、ブロック11。取れる本数も少なく希少な高級ワインです。それでも他の国よりお手頃でお求めやすい高級ワインです。優れたワイン畑だけあってワインの力強さが他とは格段に違います。記念日などに買われてはいかかでしょうか。きっと一つ豪華な記念日になるかと思います。

まとめ

今回はパウントロードワイナリーをご紹介しました。記事で紹介したものは、ほんの一部で他にもオススメしたいものが多いパウントロード。尚、オーストラリアのテイスティングは量が多いので注意が必要です。高級ワインなども飲むことができる一流ワイナリーツアー、ワイナリーツアーを検討している方などお気軽にご相談くださいませ。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。