【ファーガソンワイナリー】オーストラリアのローストビーフのおススメならココ!

はじめに

今回はローストビーフが私個人的にはメルボルンで一番美味しいという家族経営のファーガソンワイナリーをご紹介。オーストラリアはやっぱり肉・肉・肉ですね。旅行中に一度はお肉料理を食べないとオーストラリアに行った感じがしないはず。街の中にも色々なステーキ屋さんがありますが穴場的なお店で食べるのも良いと思いますのでファーガソンについて詳しくワインも掘り下げていきたいと思います。個人ではなかなか行けない場所なのでいきたい方はご相談くださいませ。

ファーガソンワイナリーとは?

ファーガソンワイナリーはヤラバレーで二番目に古く老舗の家族経営ワイナリーです。アットホーム感がありオーストラリアらしい雰囲気が漂っています。レストラン部分も広く特にランチは有名でローカルは勿論ですが婚礼などでも使用されています。基本的にオーストラリアでは事前に予約が必要となりますのでご検討の際は事前予約を入れておきましょう。テイスティングルームも広くワイン畑を見渡したカウンターでの試飲は格別です。ワインもリーズナブルなお値段でテーブルワインにも最適です。

まずはスパークリングワインからスタート!

ファーガソンのスパークリングはドライな辛口で万人受けする仕上がりとなっています。キリッとした味わいはオーストラリアの夏にはぴったり。日本料理にも合わせやすいのでお土産にも良いと思います。

フルーティーなファーガソンの2018年ピノグリ。

もともとフルーティな品種のピノグリですがよりフルーティーさを感じるのがこのファーガソンのピノグリ。まだ赤ワインはちょっと苦手という方や白ワインでフルーティー品種が好きな方には是非飲んで見て欲しいワインの一つです。

ピノノワールなのに何故こんなにお求め易いと思うピノノワール2017年。

やっぱりヤラバレーの代名詞ピノノワール。日本で良いのを飲もうと思ったらすごく高くなってしまう品種です。しかしながらここファーガソンは30ドル代とお値打ち価格です。安い=美味しくないワインとはならないのがオーストラリアワイン。日常で沢山ワインを飲むオーストラリアは良いものでリーズナブルというのが普通です。2017年のファーガソンのピノノワールは今が飲み頃かなと個人的に思うのでビンテージがあれば試してみましょう。売り切れたらなくなってしまうのがワインの世界なので一期一会と思いましょう。

ファーガソンの2013年カベルネ。今がピークのタイミング。

2013年のカベルネはしっかりとしたタンニンで葡萄のパワーを感じることができる一本となっています。オーク樽の風味もしっかりと感じ重厚感があるバランスの取れたワインとなっています。お肉系の食べ物にはすごくマッチします。今現在では個人的に思うファーガソンの一番のオススメワインです。

家族経営だからできる、ワインのラベルに。。。

家族経営だからできると思わせてくれるのがファーガソンのラベルです。家族の名前が入っているおしゃれなラベルは何ともほっこりします。例えば可愛い番犬の名前はMISS SAPPHIRE(サファイヤ)。スパークリングワインに記載されています。遊びに行くとすぐお腹を出して撫でて欲しい仕草をするので行かれた際、外に居れば遊んであげるとすごく喜びます。

まとめ

今回はヤラバレーにあるファーガソンワイナリーをご紹介しました。家族経営でアットホームなファーガソンはオーストラリアを感じることのできるワイナリーです。日本にはほとんど出荷されないヤラバレー(出荷本数が少ない為)のワイン。その中でも家族経営のファーガソンのワインは激レア中の激レアです。行かれた際はお土産にオススメです。少しニッチな場所にありなかなか個人では行くのが難しいファーガソン。ツアー、チャーター便などお気軽にご相談くださいませ。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。