【注意】知っておきたいメルボルン旅行での電化製品トラブル

メルボルン滞在であるある電化製品編

今回は海外旅行に行くと良くやってしまうあるあるをご紹介。日本とは勝手が違うオーストラリア。事前にミスがないようにチェックして渡豪しましょう。特に今回は電化製品について良くあることについて特集したいと思います。

一番多くの人がやってしまうドライヤー問題

日本の方が一番やってしまうことそれは ‘’私物のドライヤーを壊してしまう‘’ これは海外に行かれた方なら一度はやってしまうことではないでしょうか。私物のドライヤーを持ってきて現地のコンセントに入れたら15分ぐらいで動かなくなったというのは定番です。近年はほとんどの電化製品では変圧器をなしで使用が可能です。しかしながらドライヤーなど電力を必要とする物は変圧器が必要となります。電化製品には商品を説明する欄に ‘’100V-240V’’ ‘’100V’’ などと記載があります。その記載がある内容で変圧器が必要か必要ないと判断することができます。日本より電圧が大きいオーストラリアでは230Vとなっていますので変圧器を必要とする日本の製品をこちらで使用した場合、数十分で壊れてしまいますので注意が必要です。

電化製品を使おうとしたらアダプターが違う。

もう一つのよくあることは ‘’アダプターを買い忘れた‘’ ですね。コンセントの形状は各国で違う形状の為起こってしまう問題です。 オーストラリアではハの字型の形状(O型プラグ)です。市内のスーパーや空港などでも購入ができますので忘れた方は購入しましょう!
最近ではUSBを沢山挿せたりできるタイプが多いのでそちらをおすすめします。

急遽電化製品が必要になったらJB-HI-FI

パソコン周辺機器やその他電化製品が急に必要になった場合はオーストラリアのヤマダ電機のような存在のJB-HI-FIに行きましょう。日本のように電化製品を売っています。市内にも数店舗ありますのでご滞在のホテルなどからも歩いていける場所かと思います。

日本には売っていない電化製品も

日本未発売の物も売っていたりしますので電化製品好きの人は楽しいかと思います。変わったスピーカーや知らないメーカーなど多くの種類がありますのでお土産に買って行く方も多くいます。国により色などの好みが違うのでカラフルなものが多いのも特徴です。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。