【おすすめ】メルボルンの有名カフェを全て網羅するプランとは?

はじめに

メルボルンを旅行する時に切っても切り離せない場所、カフェ。ガイドブックなどにも必ずと言っていいほど記載があります。メルボルンには日本のセブンイレブンよりも多い数のカフェが存在します。例であげると日本の方のコーヒー年間消費量1kg。メルボルンの人は年間消費9kg。およそ9倍の消費量となっています。私も長年メルボルンに住んでいると奥が深い世界だなと実感しています。

メルボルンには ‘’バリスタ‘’ という職業が存在します。あまり信じられないかもしれませんがバリスタによってコーヒーは味が変わります。その日の気温や湿度、焙煎の仕方などバリスタが決めていきます。メルボルンにはバリスタになるための学校があるほどです。そんな奥深い世界ですから日本で〇〇カフェで働いていたからメルボルンでも働けると意気込んで留学に来られるのですが厳しいのが現状です。言語的な問題もありますがそもそもの技術が違います。そんなカフェ文化を持つメルボルン。ガイドをやっていると良く質問される内容で ‘’おすすめのカフェはどこですか?‘’ と聞かれますので今回はメルボルン有名カフェをご紹介したいと思います。ここにいけば間違いないしという場所のご案内です。

モデルコース:メルボルンの有名カフェ全て網羅するプラン
所要時間:8時間

9:00am:Market Lane Coffee

ビクトリアマーケットすぐ横にありマーケット散策ついでに利用ができて便利。席数が少ないのでTake Away用のお店といった感じです。市内散策ついでに購入しましょう。

12pm(ランチ):Seven Seeds Specialty Coffee Roaster

メルボルンのカフェ文化を一番初めに広げたお店。店内もオシャレで広くメルボルンのカフェのイメージそのもののお店。ランチメニューなどが充実していますので全ての世代で楽しめるのが特徴。

2pm:Clement Coffee

メルボルンのカフェ文化の奥深さを感じさせるお店です。メルボルンで一番のダークローストのコーヒー豆を使用しています。ずっしり、エスプレッソを感じたい方向けです。お店によってコーヒーの味の重さが全然違いますのでコーヒー大好きな方は一度行って欲しいカフェ。外にも席がありますのでゆっくりすることも可能です。

3pm:St Ali

少しヒッピー感のある店内。若い年代に人気でローカルの人達がランチでよく訪れます。コーヒーの味も癖がなく飲みやすいのが特徴。コーヒが苦手な人にも安心してご利用できます。お店は少し小道の奥にあるので探すのが難しいこともありますので場所をGPSで前もって確認しましょう。

5pm:ホテル到着

 まとめ

今回はメルボルンで有名カフェ4つをご紹介しました。奥が深いメルボルンのカフェですからご紹介した所以外にも沢山の有名店が存在します。色々な場所をチャレンジしましょう。カフェは朝が早く、夕方4pmには閉まってしまう場所がほとんどです。早起きすることをおすすめします。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。