【厳選】メルボルンに来た時にぜひ飲んでいただきたい7種のお酒とは?

はじめに

海外旅行での楽しみの一つお酒。旅行先のご当地ビールやお酒はどれが美味しいのかイマイチわからなかったりしますよね。そこで今回はメルボルンに来たら一度は飲んでおきたいビールをご紹介。オーストラリアのお酒は多種多様なのでガイドをやっていて日本の方にもフィードバックが良かったお酒を中心にご紹介。個人的な見解も含めてご紹介しますのでご参考ください。

ビールの王様クラウンラガー(Crown Lager)

個人的に思うオーストラリアのビールの王様クラウンラガー(Crown Lager)

名前自体ですでに美味しそうですがクラウンラガーが日本の方には凄く飲みやすいビールです。麦芽を感じることができオーストラリアの中では一番日本のビールに近い味になっています。例えていうならキリン一番搾りのような味わいです。

日本の観光客に人気のVB(ビクトリアビター)

好きな銘柄もなく迷ったらVBというぐらいポピュラーなビール。比較的ビールの中でセールをやってくれているので値段も抑えられてローカルに人気です。比較的軽めのビールで飲みやすいビールとなっています。どこのショップでも手に入りますので手軽に飲むことができます。

メルボルンで人気エールビールFURPHY(ファーフィー)

シドニーなどのショップではあまり見かけませんがメルボルンのショップには必ずあるファーフィー。日本であまり馴染みがない人もいるかもしれませんがメルボルンの人はエールビール好き。ファーフィーは手ごろにエールビールが飲めて凄くおすすめ。味もよくみんなに美味しいエールビールです。個性があるエールビールなども沢山ありますが初めてのエールビールという方にも美味しいと思います。

アデレードのエールビールCOOPERS BREWERY(クーパーズ)

アデレードで作られているエールビールCOOPERS。個人的には一番これがおすすめです。沢山の種類が出ていてラベルの色で味が違います。オーストラリアの全体で言えばビール好きは必ずクーパーズというぐらい有名です。おすすめは緑色のオリジナルが一番です。個人的にいつも買うのはクーパーズなので私自身もおすすめです。

XXXX Gold(フォーエックスゴールド)

バツマークが沢山あって初めは何だろうと思ったビール。名前はフォーエックス。オーストラリアの中で一番安く飲めるビールでクイーンズランド出身のビールです。通年を通して温暖なクイーンズランドは気軽に軽めのビールを好むのでしょう、その為、軽いビールとなっています。気候に合ったビールでクイーンズランドの熱い夏には喉越しも軽いのでおすすめです。

癖が少ないオーストラリアのラム(バンダバーグラムBUNDABERG RUM)

日本の方にはまず知られていないバンダバーグラム。通常のラムより癖がなくローカルに人気です。バンダバーグラムで作るラムコークは格別で是非日本の方にオーストラリアに来たら飲んで頂きたいお酒です。アルコール度数が強いので飲み過ぎには注意が必要です。ボトルショップではバンダバーグラムで作られてラムコークが販売されていますので気軽に飲むことができます。

メルボルンといえばアップルサイダー

メルボルンの名産といえば林檎。 ‘’メルボルン=アップルサイダー‘’ というぐらい有名です。色々なブランドが販売していてお酒が苦手な人でも美味しく飲めます。日本で言うところのカクテルのような存在ですね。ワイン、ビールが苦手な方はアップルサイダーを飲みましょう。凝っているバーでは林檎自体をミキサーでクラッシュして生アップルサイダーを出しているところもあります。生のアップルサイダーは格別でフレッシュで美味です。生アップルサイダーを出している場所は少なくツアー参加された際にガイドに尋ねていただければおすすめのお店のご紹介が可能です。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。