2019年11月から大きく様変わりするペンギンパレードとは?

はじめに

今回は一番人気ツアーペンギンパレードのリニューアル情報をお届け。リピーターも多いペンギンパレード。まだ一度も見たことがない方、メルボルンでツアー参加を迷っている方には絶対お勧めできるペンギン鑑賞。老若男女問わず人気です。これまで参加した方も2019年11月には全然違う景色になっているので二度目でもまた楽しいのがペンギンパレード。雄大な景色、海岸から出てくるリアルなペンギンの姿を目に焼き付けましょう。ここではリニューアル情報、よくある質問、ツアーの選び方をご紹介したいと思います。

2019年11月にはペンギンパレードの施設がとんでもないことになります。

現在ペンギンパレードでは新たな素晴らしい建物を建設中です。2019年11月の出来上がり予定で美術館みたいになります。建物はモダンで広さも拡大しより自然の中に溶け込んだ建物となる予定です。ただオーストラリアですので11月に完成するとは限りませんが国としても重要な観光地ですし、国の予算も投入されていますのでオンタイムで建設されるのではと予想しています。楽しみですね。

365日毎日ペンギンは出てきます。

よくガイドをやっていると質問で ‘’毎日ペンギンが上がってくるの?‘’ とご質問されます。皆様がペンギンを観察するタイミングは人間でいう所の帰宅時です。例えていうなら皆様がお仕事終了→駅に到着→歩いて帰宅。この歩いて帰宅の瞬間を見ている形です。ペンギンはこんな感じです。一番家の近くの海岸に上がる→急ぎ足で家に帰る。この歩いて帰る時に野生動物が怖いペンギンは猛ダッシュで走ります。それがすごく可愛い姿なんです。365日習性として上がってきますので施設が開いている時は毎日見ることが可能です。現在2019年2月ではクリスマス以外は運営をしていますのでいつでもツアー参加できると思います。

ペンギンは寒くないの?

これも良くある質問です。もともとペンギンは寒いエリアにいる動物なので寒くないです。ペンギン鑑賞をしている人から見れば夏でも南風が吹けば人はすごく寒く感じます。ペンギンはウェットスーツをきているようなものなので寒さはヘッチャラです。人は寒いので必ず暖かい格好をして鑑賞しましょう。

ペンギンパレードは街に帰ってくる時間は遅くなります。

ツアーをやっていると驚かれることとして街に帰ってくる時間です。日没後出てくるペンギンは冬の時期であれば早いですが夏時期になるとかなり遅くなります。ペンギンは日没後上がってくる習性ですので夏時期は約21時が日没。その為150km離れているペンギンパレードは街に着くのが23:30-24:00の間ぐらいになってしまいます。しかしながら午後から参加できるペンギンツアーはすごく時間を有意義に使うことができます。例えば、朝方メルボルンに到着→ペンギンツアー参加という具合です。他の有名な観光地の場合、朝からスタートになりますので到着日には参加が難しくなってしまいます。メルボルン滞在期間が短い方は時間を有意義に使って満喫しましょう。日本に居ながらでもオンラインにて弊社に事前予約できますのでお気軽にご相談くださいませ。

知識がある、料金もOK!

ツアーの種類はどこの国も沢山あるかと思います。メルボルンでは英語ツアーが多いですが日本語ツアーも稀にあります。英語ツアーの場合は大きなバスで行くことがほとんどで料金面では少しですが安めの傾向があります。私のお勧めするのはやはり日本の方には日本人のガイドが良いかと思います。観光地、文化、生活スタイルなど現地日本人のリアルな事情がわかるのも魅力です。言葉の問題もそうですが、海外に住んでいる人は日本の中では割合にするとやはり少ないですよね。そんな貴重な経験も聞くことができるのも旅の一部の思い出として良いのではないでしょうか。日本という島国にいたらわからない価値観も知ることができるのが海外旅行の魅力。是非質問を沢山してみましょう!料金面では安い=悪い。高い=良い。とも言えないのでしっかり比べてみると良いと思います。高い=仲介者が多いから高い。安い=仲介者がいない。だと個人的には思います。お得に旅行したい方ご相談くださいませ。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。