ペンギンツアーとワイナリーを1日で両方行くには?両方行けるツアーはここだけ!

はじめに

日本から海外旅行をする場合やはりネックになるのが ‘’行きたいところが多くて時間が足りない‘’ ということではないでしょうか。ほとんどの方が長くても有給休暇を取れるのは一週間ぐらいが通常かと思います。ましてや折角メルボルンに行くのだから複数都市を回ってみたいと思いの方も多いはず。広大なオーストラリアは国内移動をするのも時間がかかり目的の滞在時間が短くなりがちです。そこで今回は時間を短縮できて尚且つ人気観光地を網羅できる方法をご紹介。メルボルンでは唯一のサービスですので必見です。

メルボルンで一番人気のペンギン鑑賞、ワイナリーツアーを1日で回る

メルボルンの一番人気のツアーといったらペンギン鑑賞ツアーです。ガイドブックなどでもご覧の方も多いと思います。通常ペンギンツアーの場合、午後から出発して夜に街に帰ってくるという旅程で折角の滞在時間が半日無駄になってしまうということが起きます。そこでおすすめしたいのがペンギン鑑賞とワイナリー巡りを1日でいけるコンボというツアーです。こちらのツアーは午前中ワイナリーに行き世界でも有数の美味しいワインを生産しているヤラバレーでワインに詳しいガイドからワインの知識などを学び、絶景を見ながらテイスティング。その後、ペンギンのいるフィリップ島まで行き、可愛いペンギン達を間近で見学し街に帰ってくるという旅程です。人気のツアーを1日で回ることができるので滞在時間に余裕がない方、どうせなら一気に観光してあとはゆっくりという方にはすごく良いプランとなります。

ペンギンツアーは必ず行きたいけどワイナリーも気になる。

ガイドをやっていると良くお客様から言われるのが ‘’お酒は好きだけどワインのこと全然わからない‘’ とお聞きします。そんな時私はこう伝えます。 ‘’ 安心してください。今日で詳しくなりますよ。‘’ と。日本には日本酒、焼酎、ウィスキー、泡盛など多種多彩です。最近では海外で修行したワイン生産者が日本でワイン生産を始めていますがまだまだオーストラリアのように文化があるかといわれれば難しいのが現状です。ワインが大好きな私としては日本の職人魂でこれからすごいワインが出てくると期待しております。そんな現状ですから一般の人がワインをわからないのは当然のことだと思います。日本の方の場合  ‘’ワインは敷居が高い‘’ と思っている方も多いのでもっと気軽にビールのように飲んで欲しいものです。そんな敷居が高いと思われているワインですが、景色を見ながら美味しいワインを味わい、解からないことはガイドに聞いてみるとワインってすごく世界が広がる飲み物なんです。‘’ワイン=時を飲む‘’ という物はあまりないので是非気軽に飲んでみましょう。ペンギンとセットで行けばあまりワインに興味がない方でも ‘’ワインって美味しいな‘’ と思ってもらえるのがヤラバレーです。是非一流のワインを体験してください。

ワイナリーは絶対行きたいけどペンギンツアーも気になる。

上記でご説明した通り、ワイナリーが二の次という方もいればペンギンツアーが二の次という方もいらっしゃると思います。そんな方に ‘’ご安心ください ペンギンツアーも裏切りません‘’ 動物園で見るペンギンは多くても10羽ぐらいかと思います。メルボルンのフィリップ島で観られる数は桁が違います。日本ではなかなか見ることがない世界最小ペンギンのリトルペンギンで体長は30cmとすごく小さいです。愛らしいペンギンは皆さんの期待を良い意味で裏切ってくれます。人のような行動をするペンギンは見る人を虜にしてくれるので動物が好きな人はもちろんですが動物があまりという人でも期待を裏切ってくれるのでおすすめです。

費用面も節約

やはり費用面も節約したいものですね。まず費用を節約できる理由は仲介業者を挟まないことで費用が抑えられてすごくお得になります。またペンギンとワイナリー両方行けるので1日で満足感もありすごくおすすめです。目的地は変わらず費用も抑えて時間も節約でお得に旅行しましょう。

1日で両方いけるツアーはここだけ!!こちらのツアーが気になる方はお気軽にご相談ください。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。