ワイナリーツアーとセットでも行ける!ペンギンパレードがリニューアル

はじめに

今回は数日前にリニューアルオープンしたペンギンパレードのご紹介。元々は2019年11月にリニューアル予定でしたが、今年のメルボルンの夏は雨も降らず、建設工事が大幅に早く進みこの度、2019年7月に営業開始となりました。メルボルン観光の中でも一番人気といっても良いペンギンパレード。ペンギンパレードに行くことが決定している方、ご検討中の方など様々だと思います。ポイントを押さえて賢く施設を楽しみましょう。

ペンギンパレードとは?

まずは基本から抑えておきましょう。そもそもペンギンパレードとは??と思いの方も多くいるかと思います。そんな方に分かりやすくご紹介。一言で言うと‘’世界最小ペンギン(約30cm)がグループで行進してくるのを見る‘’ 場所です。海岸から上がってくるペンギンを間近で見ることができます。

数も桁違いのペンギン達

通常、動物園で見るペンギンは多くても10数頭ぐらいだと思います。ペンギンパレードのエリアに上がってくるペンギン達はシーズンによっては異なりますが500から1000頭以上と桁が違います。ペンギンが見れないことはまずありませんのでご安心を!

施設が使いやすくなったペンギンパレード(レストラン、トイレ)

以前の施設は許容範囲の問題からガイド目線ですと、使いづらい点が多くありました。一つはレストランが小さかったこと。もう一つはトイレの数が少なかったことです。新しい施設はレストランもトイレも十分といった感じがします。以前はお腹が空いた時には諦めたりする場合もありましたが、現在は十分の席数がありますのでツアーに参加した際は、安心して食事を取ることができます。もう一つ、最大の問題点はトイレ事情。特に女性は重要な問題ではないでしょうか。集合時間が決まっているツアーでは、トイレの時間を計算したりすると意外にペンギンを見る時間が少なくなってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな問題は新しい施設になり解消されました。女性にはすごく助かりますね。

ペンギンパレードのお土産のレパートリーが増えた!?

ペンギンパレードのリニューアルに伴い、お土産の種類が豊富になりました。以前はなかったものが多くあり、ペンギンが大好きな方は、要チェックです。尚、ペンギングッズはメルボルン市内では買うことができません。

ペンギンパレードへのモデルコース

ペンギンパレードはメルボルンから南に150kmと離れている為、ツアー参加が一番効率的で一般的な方法なのでオススメです。弊社では、半日でいけるペンギンツアーはもちろんですが、メルボルンで唯一のツアー‘’ワイナリーとペンギンコンボツアー(午前ワイナリー午後ペンギン鑑賞)‘’を運行しております。一日で両方行くことができるコンボツアーは、時間がない方や効率的に回りたい方などにすごく人気となっております。
人気のツアーとなっておりますのでお早目にご相談ください。
ワイナリーペンギンコンポツアーが気になる方は詳しくは別記事 ‘’【一日で完結!】ワイナリーとペンギン、唯一のメルボルンツアーの内容とは?‘’ をご覧ください。

お申し込み方法、当日までの流れ(ツアー参加)

ご予約方法
1:ご相談フォームよりご希望ツアー、日時をお伝えください。
2:空き状況を確認後、弊社より24時間以内にメールをお送りさせて頂きます。
3:ツアー料金のお支払い
※メールには請求書が送付されていますので期日までにカード決済にてお支払いください。
4:お客様お支払い確認後、ご予約の確定メールをお送りします。

ツアー当日
①集合場所にてお客様をお迎えに上がります。
※ご予約確定メールに集合場所の詳細がございます。

まとめ

今回はペンギンパレードのリニューアルに伴い、詳細をご紹介しました。大きくなった施設はモダンで、落ち着きのある建物となっております。以前来られた方も全然違う施設に生まれ変わったので楽しめると思います。夜の帰りが遅くなるツアーなので防寒着は必ず持って行きましょう。メルボルンは夜になると夏場でも気温が一気に下がりますので注意が必要です。人気ツアーはお早目にご相談くださいませ。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。