メルボルンの公共Wi-Fiを利用するメリット・デメリットと注意点まとめ

はじめに

メルボルンの公共Wi-Fiの利用の仕方と注意点です。メリット、デメリットをしっかり確認して賢く旅行しよう。

今回は旅行にはなくてはならないメルボルンのWi-Fi事情をご紹介。別の記事で “”メルボルン旅行に最適なSimフリー携帯のメリット・デメリット“” でメルボルン旅行には一番良いのはSimフリー携帯を持ってくることとご紹介しましたが日本の方には一般的ではないのも事実。しかしながらパソコン、タブレット、スマートフォンなど現代社会にはなくてはならない必需品ですね。

メルボルンでWi-Fiを利用できるところは以下のようなところです

空港

日本からメルボルンに来られる方のほとんどは空港が一番初めにWi-Fiを利用する場所になるかと思います。メルボルン国際空港では無料でWi-Fiの使用が可能です。

空港でのメリット、デメリットは下記になります。

メリット:無料で使用できる。

デメリット:混雑時は繋がりにくくなる。セキュリティーがあまい恐れがある。

ホテル

旅行中は一番多く利用する場所かと思います。各ホテルで違いがありますが一般的にメルボルンのホテルでは3週類に分かれます。一つ目は滞在者に限り完全無料で使用量も制限なし。二つ目は無料だが使用制限に上限がある。三つ目は有料で使用制限がある。というタイプです。ご予約する際に必ずホームページで確認しましょう!またロビーでは無料と言うホテルもあります。

ホテルでのメリット、デメリットは下記になります。

メリット:セキュリティが安全。※ロビーなどで使用できるものはセキュリティがないので注意が必要です。

デメリット:料金がかかる、利用制限があるホテルもある。

図書館

メルボルン市内には二つ大きな図書館があります。そこでは無料で利用が可能です。学生の街と知られるメルボルンは学校の終わった生徒が勉強をしに図書館に来ますので14:00?18:00ぐらいまでは繋がらない場合がありますので注意が必要です。

図書館でのメリット、デメリットは下記になります。

メリット:無料

デメリット:公共用はセキュリティがないので注意が必要

駅構内

メルボルンの市内の駅ではWi-Fiを設置しておりますのでご利用が可能です。

駅でのメリット、デメリットは下記になります。

メリット:無料
デメリット:公共用はセキュリティがないので注意が必要

カフェ

メルボルンはカフェ文化がありますので観光では必ず訪れる一つかと思います。ほとんどカフェでWi-Fiが利用できます。ほとんどのカフェでは使用の際、パスワードが必要になります。カウンターで教えてくれますので訪ねてみましょう。ただしメルボルンのカフェは個人経営がほとんどですので設置していない場所もございます。

カフェでのメリット、デメリットは下記になります。

メリット:無料。公共のWi-Fiよりセキュリティー面がしっかりしている。
デメリット:設置していないカフェもあり。

レストラン

カフェ同様レストランでも多く設置しています。パスワードを設置している場所がほとんどですので店員の方にお聞きしましょう!

レストランでのメリット、デメリットは下記になります。

メリット:無料。公共のWi-Fiよりセキュリティー面がしっかりしている。

デメリット:設置していないレストランもあり。

Wi-Fiを利用するメリットとデメリット

今やお店に行かなくてもツアー参加、レストランなどいろいろなことが申し込めるようになり便利な世の中になりました。そこで今回はメルボルン旅行をより便利にするためWi-Fi利用場所、利用するに当たってのメリットデメリットをご紹介!メルボルンでWi-Fiを使って賢く旅行しましょう!

まとめ

メルボルンでは多くの場所で無料でWi-Fiの利用が可能です。ただし公共Wi-Fiを利用する場合、セキュリティー問題があります。ご心配の方は、別の記事 “”メルボルン旅行に最適なSimフリー携帯のメリット・デメリット“” でご紹介した通り、Simフリー携帯を利用することをお勧めします。

※オーストラリアのSimカードを販売している会社は多種多様です。プランなども異なりますのでツアー参加の方でお困りの方はご相談ください。お勧めの会社、プランをご紹介いたします。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。