深いワインの世界を楽しみたいあなたにぴったりのメルボルン穴場ワイナリーをご紹介

はじめに

今回は一味違ったメルボルンのワインエリアをご紹介したいと思います。メルボルンのワインで有名なワインの産地と言えば ‘’ヤラバレー(Yarra Valley)’’ 一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?ワインが詳しい方もそうでない方もメルボルンのポイントを押さえておきましょう。ヤラバレーは既に行ってしまったけど、もう一度美味しいワインを飲んでみたい方、シラーズ、カベルネのような重めのワインが好きな方にすごくオススメです。通常のツアーではまず行けない場所なので穴場感満載のワインエリアです。

Heathcote(ヒースコート)エリアの魅力

今回オススメしたいワインエリアはHeathcote(ヒースコート)というエリア。メルボルンの街からは120kmと遠く、ツアーも運行されているエリアではないので穴場的な場所。ワインが大好きな人は知っているかもしれませんが、まず知っている人はいないでしょう。観光地でもなく本当にワインが好きな人や美味しいワインを探している方などにすごく良いエリアです。私もその一人ですが、行く度に‘’カベルネやシラーズのワインはここだな‘’ と思ってしまいます。メルボルンは緯度のバラエティーが豊富なことからエリアで得意な葡萄の品種が違います。観光地で有名なヤラバレーでは軽めのテイストの葡萄のピノ・ノワールやシャルドネ、Heathcote(ヒースコート)があるエリアでは、シラーズ、カベルネ。正直な所、自分が好きな葡萄やワインによっていく場所が変わってくるのがメルボルン。なかなか日本の方には馴染みがない雑学ですね。私の今までのガイド経験の中で日本の方には飲みやすいのはシラーズやカベルネだと思います。ピノ・ノワールは万人受けする葡萄ではなくワイン上級者向けとなります。

Heathcote(ヒースコート)エリアの注意点

Heathcote(ヒースコート)にあるワイナリーは基本的に週末しかやっていない所がほとんどです。中には数は少ないですが営業しているところもあります。Heathcoteのエリアをワイン目的で回りたい場合、週末しかチャンスがないので注意が必要です。

Heathcote Winery(ヒースコートワイナリー)

一つオススメのワイン、ワイナリーをご紹介したいと思います。その名も‘’Heathcote Winery‘’ そのままですね。その中の一つ、アメリカンオークを使用した2017年 SHIRAZ SINGLE VINEYARD(シラーズ シングルビンヤード)はスムーズで重過ぎず品があります。シラーズのスパイシーと呼ばれるテイストとは違い、あたかも‘’これはカベルネ?‘’と間違えてしまうほどスムーズです。白いラベルの2017年シラーズはシングルビンヤードではないですがフレンチオークを使用しているので風味も良くバランス良いワインに仕上がっています。是非、行かれた時はチャレンジしてみて下さい。

Heathcoteエリアはどうやったら行くことができる?

記事をご覧頂いて気になった方はどのように行くことができる?とお思いだと思います。Heathcoteエリアのワイナリーに行く場合、車で行く方法以外にありません。各ワイナリーは離れていますし、公共機関もありません。ご自身のみで行かれる場合はレンタカーを借りていく方法となります。弊社ではチャーターのご利用ができますので、気軽にいくことができます。ご自身の行きたいところに自由に行くことが可能で、オススメのワイナリーもございます。お客様のご希望をお聞きしながらプラン立てを行なっていきます。

Heathcoteのモデルプラン(ワイナリー三軒巡り)

メルボルン市内出発(9:00am) → Sanguine Estate(11:00着) → Shiraz Republic winery(12:00着) → ランチ → Silver Spoon Estate (14:00着) → メルボルン市内(17:00着)

Sanguine Estateの特徴

シラーズの出来が最高でワイナリー自体がラグジュアリー感あり。オーストラリアらしいワインテイスティングを楽しみたい方向けのワイナリー

Shiraz Republic wineryの特徴

名前の通り、シラーズが素晴らしいワイナリー。ビールも作っているのでクラフトビールを楽しみたい方にもオススメ。穴場ワイナリーなのでワイナリー自体も市場に出回ることがほとんどなくレア感満載。

Silver Spoon Estateの特徴

家族経営の小さなワイナリーでワインの種類も豊富。シラーズはもちろんのこと、グルナッシュ、スペインで人気の品種テンプラネーニョも作っていてフルボディーワインと色々な種類をテイスティングしたい人にオススメ。

まとめ

今回は穴場ワイナリーエリアのHeathcote(ヒースコート)をご紹介しました。メルボルンに住んでいる方でもワインが好きな方でないと知られていないエリアなので穴場ワイナリーを探している方、重めのワイン(フルボディー)が好きな方には最高の場所だと思います。ツアーなどは通常どこの会社でも運行していないエリアとなります。弊社ではチャーター利用をしていくことが可能ですのでお気軽にご相談ください。ご希望をお伺いして穴場的なワイナリーを訪れましょう。

直営現地日本人ガイドだからこそ実現した格安・安心・安全のオリジナルツアー一覧

メルボルン観光ドットコムオリジナルツアー料金表一覧はこちらから

【下記の内容でご案内しております】
◇ご相談フォーム受け取りから24時間以内に私よりお客様に返信。
◇メルボルン観光ドッドコムは広告サイトではなく自社サイトとなっております。
◇個人情報に関しまして自社以外で使用されることはございません。
それでは、メルボルン観光についてお気軽にご相談ください。

LINEでもお問い合わせ可能です。

「Add friend(友だち追加)」ボタンをクリック

Add friend

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。